【Pandas】データフレームの特定の行・列を削除する方法

今回はPandasのデータフレームから特定の行や列を削除する方法をマスターしましょう。必ず何度も使うことになる大事な内容なので、しっかり学習しましょう。

データフレームの行・列の削除をマスターする

特定の行を削除する

drop()メソッドを使うことで、特定の行を削除することができます。リストを用いて複数行まとめて削除することもできます。

>>> df=pd.DataFrame([[1,2,3],[10,20,30],[100,200,300],[1000,2000,3000]],
              index=['Alpha', 'Beta','Gamma','Delta'],
              columns=['A','B','C'])
>>> df
	A	B	C
Alpha	1	2	3
Beta	10	20	30
Gamma	100	200	300
Delta	1000	2000	3000

>>> # Betaの行を削除する
>>> df.drop("Beta")
	A	B	C
Alpha	1	2	3
Gamma	100	200	300
Delta	1000	2000	3000

>>> # リスト形式でBetaとDeltaの行を削除する
>>> df.drop(["Beta", "Delta"])
	A	B	C
Alpha	1	2	3
Gamma	100	200	300

特定の列を削除する

列の削除は行と同じく、drop()メソッドを使いますが、行と違って引数にaxis=1とつけます。

>>> df=pd.DataFrame([[1,2,3],[10,20,30],[100,200,300],[1000,2000,3000]],
              index=['Alpha', 'Beta','Gamma','Delta'],
              columns=['A','B','C'])
>>> df
	A	B	C
Alpha	1	2	3
Beta	10	20	30
Gamma	100	200	300
Delta	1000	2000	3000

>>> # C列を削除する
>>> df.drop("C", axis=1)
	A	B
Alpha	1	2
Beta	10	20
Gamma	100	200
Delta	1000	2000

>>> # リスト形式で複数の列を削除する
>>> df.drop(["A", "C"], axis=1)
	B
Alpha	2
Beta	20
Gamma	200
Delta	2000

また、より直感的で簡易的な方法で列の削除をすることもできます。delステートメントを使う方法です。

>>> del df['A']
	B	C
Alpha	2	3
Beta	20	30
Gamma	200	300
Delta	2000	3000

まとめ

データフレームの特定の行・列の削除方法を解説してきました。最後にこの記事のまとめを書いておきます。

覚えておきたいポイント
  • 行の削除はdrop()メソッド
  • 列の削除はdrop()メソッドの引数にaxis=1をつける
  • delステートメントで簡単に列を削除できる